脳を損傷するということ・・脳死ということ

現金なものである・・

今日午前中、痛みと痺れに苦しんでいるときは

痛みに耐えていると何のために生きているのかわからないという気持になり

痛みに耐えるために生まれてきたのかと思ってしまい・・

もう耐えられない我慢ならん・・限界だと思うほどだった

でも

今はすっかり痛みは遠のいている

この痛み・・

「本当は存在しない痛み」なのだ・・

脳の感覚を司る部分(視床下部というらしいが損傷しているがゆえ

本来痛みは痛む箇所が損傷しているから早く手当しろという「警告」であるはずなのに

損傷が存在しないにも関わらず、脳が誤認して勝手に痛みを感じてしまっているのだ

だから通常のモルヒネなどの鎮静剤は無効だという・・

厄介なヤツだ・・

痛みは心までも弱気にさせ、蝕んでしまう。

自分でもどうにもならないくらい蝕まれる・・

脳を損傷するということは全く予期しない苦痛に見舞われる

そしてその苦痛は解決方法がない・・

痛いといっても痛む箇所には傷も何もなく、

腫れているわけでもなく、うっ血しているわけでもないから

医師としてもどうしようもない。。

この幻覚の痛みといつまで闘わなければならないのか・・

たぶん 一生闘い続けなければならないのだろう・・

そう思うとぞっとする・・

人間にとって脳の存在が如何に大きいかを思い知らされる毎日である

脳の死=人の死という規定が良く理解できる気がする。

この痛み・・僕の場合抗うつ剤である程度緩和する

抗うつ剤とは心の薬である



だから僕は脳=心=魂と感じる


つまり脳の死は心の消滅であり、魂の消滅である 

つまり「無」だ 

そして魂も霊とかいうものも存在しない

と僕は思っている

これは「思想」でも「宗教」なんでもない

僕が直かに感じている実感なのだ 

たぶん経験したことのない人には理解不能だろうと思う

だから僕の単なる独り言になるのだろう