他人事、、ではなかったんだ

人間って、人の不幸はどこかで他人事って思いがち、、

僕自身、そうだった

健常者のとき、

障害者の人を見かけても

「かわいそだな、大変だろうな」

とは思うけど、

心のどこかで、
自分には起こらない事だと思っていたと思う

いや、起こるか知れないけど、確率は低いと思っていた。

そして、起こるとしても、ずーっと先の事、

だから今、真剣に悩んだって仕方がない

いや、そう思いたかったのかもしれない

でも、こうやってある日突然、

障害者になってしまうと、

人間誰しもいつか必ず、
死を覚悟しなきゃいけない

大病を患うものだと

あらためて思う

なぜなら、人間は誰しも必ずいつか、

死を迎えるのだから、、


死ぬという事は必ず病気か怪我に合うという事を意味する

老衰は自然死だというけれど、

実際には実際には自然死なんて

存在しないらしい

死への過程では、必ず何らかの合併症なり、感染症があるらしい

つまり、死のまえには必ず死に通じる病を患ういう事ではないか

生きとし生けるものの全てが平等にしを迎えるという事は

、生きとし生けるもの全てがいつか、死に通じる病を患うのだ。

それが早いか遅いかだけの話、、

脳内出血の死亡率は70%だという

つまり、脳内出血は死に通じる病と言ってよいと思う

僕はたまたま命拾いしただけ

そういう意味で、脳内出血は人間にとって何ら特別な事ではない。


そう考えると、脳内出血が起こるまで、

脳内出血なんて他人事のように考えていた

自分がお可笑しい、、

かつ、今の自分も、自然の理法にのっとって

起こるべくして起こっただけの事

そう考えると、

脳卒中もそれによる後遺症も何も悲しい事でもなく、

悔しい事でもないように思えるのだ。


脳出血も生き物としてのごく自然のこと

ただ、幾分時期が早かっただけ、

他人事でもなんでもない

いつか必ず起こる自分自身の事だったのさ、

他人事だと思っていたのは、

自分の思慮が浅かっただけ、

それだけのことさ

だからこれからも

この身体で精一杯生きていこう