健常者の方へ

健常者の方へ伝えたいこと・・

それは障害者は決してその障害に慣れてなんかいない

そして障害「を受け入れて」なんかいないということです。

なぜこんなことを書くのかというと、

僕自身が健常者の頃そう思っていたからです

障害者はその障害を受け入れて、そして障害に慣れて生きている

その障害と「うまく付き合って生きている」と思っていた。

でも僕自身が障害者になってわかったことは

人間、障害を「受け入れる」なんて不可能だということ

そしてそれは

5年経とうが、

10年経とうが、

50年経とうが

同じなんです

たぶん僕は自分の障害を一生受け入れることはできません。


でも「受け止める」ことはします。受け止めざる得ないから・・


「受け止めて」も、決して「受け入れ」ない(正しくは受け入れることなんてできないのです)

一生涯葛藤しているだろうし、一生涯苦しんでいるのです。


だから僕は「障害受容」という言葉が大っきらいです。

医者が障害者を説得するために作った言葉に過ぎないと思っています

もっと言うと医師自信が患者の回復を諦め、障害を受け入れさせるための

医療者側の「責任放棄」の言葉だとさえ思えるのだ

ましてや「障害に慣れる」なんてことはあり得ない

日々葛藤し、苦しんでいるのです。

日々悔しい思いをしているのです。

明るい笑顔を見せるのは、

苦しむ自分を見せたくないから

ただそれだけなんです。


きっと自分自身に強がりしているのです。

そうしていないと

自分の心が折れてしまうから、、

障害者を見たときはそう思ってあげてください。

今日はなぜ、こんなことを書いているのかよくわからないけど

ただ伝えたかったのです。