中国という国家・・

今回、ごっつい某国(C国)からきた再生可能エネルギー技術に関する

ビジネスオファーの某国(C国)とはほとんどの人が気付かれたと思うけど

中国である

まどろっこしいので明かします(さすがに日本の対象技術が何かはここでは開かせないけど・・)

それもなんとあの習近平総書記の姉の企業からだった・・

オファー金額はなんと10億ドルを超えていた。。。

でもこの技術開発をバックアップしていた日本の某大企業は

技術が日本の技術として確立できるまで情報漏洩のリスクは踏まないという

特に中国は危険と判断されていたようだ。

でも、

これはあくまで僕の個人的な意見だけど

日本の技術として確立(つまり国際特許などをキチンと取得でき、世界から認められる事)

したとしても、やつら(中国)は盗む時にどんな手を使っても盗むような気がするのだが・・


だって

あのブランドも特許も確立されたアップルのiPhoneでさえ、

堂々と偽造ずる連中なのだ

以下はネットに出ていた中国のiPhoneの模造品の写真です。。

俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと



俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと


俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと


俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと


俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと



俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと


感心してしまうくらい見事なものである・・



こんな国を隣国に持つ日本がいくら製品を


日本発としてブランド化したところで、

また、たとえ国際特許を取得したところで

きっとまた正々堂々と盗みに来るに違いない

と思うのは僕だけ?

そもそも中華思想というやつがある限り

どんな防衛策をしてもムダなような気がする

ちなみに中華思想とは

「中国が世界の中心であり、その文化・思想が最も価値のあるものであると自負する考え方」


らしい

ものすごい考え方だな・・

アメリカ人(アングロサクソン)もかなり横柄でいい加減なところはあるけれど

彼らは法律を遵守するし、キリスト教という絶対的な宗教的道徳律を守るからまだ良い

中国にはそのどちらもない、、、

正に無法国家だと感じる

困った国が隣国にあるものだ・・

それにしても(他人事のようだけど)ホント日本って可哀そうで、しかも健気な国だねぇ・・

別の話になるけれど最近フランスで公開された映画で

「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」

という映画がある

その中で地球を侵略しようと企んでまずは地球人の言葉を学習しようとして

地球を調査した結果、地球上で最も多く話されている言語(13億人が話している)が

中国語だったから中国語を学習し、中国語でコミュニケーションを

取りに来たというストーリーらしい・・

これはブラックユーモアだ・・(@_@;)