感覚障害の世界

僕は重度の感覚障害である・・

普通、片麻痺といえば、運動麻痺(麻痺側の手足が不自由)をイメージされる


でも脳卒中の後遺症の片麻痺患者の多くに感覚障害がある

これは見かけでは全く分からないから第3者には理解され難い


何が辛いかって・・

とにかく左半身が(人に)(モノに)ぶつかることだ・・

昨日のように人の多い百貨店などに行ったら往来する人にぶつかりまくり・・

ぶつかる度に「すみません」と謝らなきゃいけない・・

これだけでも精神的に疲れてくる・・

なぜ、これほほどまでに左半身が(人に)(モノに)ぶつかるのか

これは感覚障害の経験者でないと説明しても分かりにくいと思うけど

とにかく左半身の存在がキチンとイメージできていないのだ。

簡単にいうと存在自体を感じないのだ

僕の身体感覚イメージは下記のようなイメージだ
$俺はまだ生きている!脳出血・半身不随になった元IT系社長のひとりごと



左手足だけでなく、グレーの部分は「全て」存在を感じていない・・



例えば、目をつむるのと左肩がどこにあるかわからない

つまり左肩の位置感覚が掴めていない

通常、前から来る人とすれ違うときまず目で判断し、どの程度右に寄ればぶつからないか

えを無意識には判断しているのだが、そもそも左肩の位置が認識できていないから

左肩の位置が連すれ違う人とぶつからない位置にあるのかどうかさえわからない

だからどれだけ右に寄ればぶつからないかもわからない・・

だから右への寄り方が不十分なときが度々起こり、その都度人にぶつかる

それに比べて健常な右半身は器用にすれ違う人をよけていく・・

なのに左肩は人にぶつかりまくり・・

これは自分でも不思議な感じだ・・

問題は左肩だけではない

当然、左足も位置感覚が分かっていないから

小さな子供が前から来ると思い切り蹴ってしまうことがある。

当然、親御さんは嫌な(変な顔)をしする、

睨みつけられることもある

だから謝る・・

なんとなく情けなくなってくる・・

運動麻痺により普通に歩けないことよりも

こちらの障害の方が精神的には辛いものがある

でもこの感覚障害・・

今のところ回復のための有効なリハビリ方法ないようだ。

それもそうだろう

運動麻痺ならリ理学療法士などのセラピーでも

どう動きが悪いのかが見てわかるから矯正方向性が分かる

でも感覚障害なんて第3者からはどう感じているかんなんて

全く「観察」することができない

だから、矯正?或いは感覚訓練の方法が見えないのだ

これは本当に困ったもんだ・・

人にぶつかるだけじゃなく

いろんなものにぶつかり落とし、壊してしまうのだから・・

いつか僕の感覚は回復するのだろうか・・