のど元過ぎない、、後遺症

のど元過ぎれば熱さ忘れる、、

「苦しかったことや辛かった事も、

その時に受けた恩も過ぎ去ってしまえば忘れてしまうもの」

という意味だけど、


僕のこの脳卒中の左半身麻痺の後遺症は、

いつまで経ってものど元を過ぎない、、

今までも、いろんな病気になったけれど、

これまでで一番辛かった病気といえば

36才まで患っていた発作性頻拍症という心臓病だった

発作が起こったときは、いつも

もうこのまま心停止して死んでしまうかと思うくらい辛かった

でも・・

36才のときに心臓手術を受け、幸いにも完治した

そうすると、あれほど辛かった発作の苦しみも忘れてしまい、


いわゆる「のど元過ぎれば熱さ忘れる」となってしまった

不思議なものと思う

しかし、

今回の脳出血による半身不随という後遺症だけはそういかない、、


発症したのは4年も前にも関わらず、

未だに苦しんでいる

もう、過去になる事はないだろう

一生、「のど元」を過ぎないのだ

一生この不自由さや痛みと痺れと付き合っていかなければならない

その事を考えると正直辛い、、


そんな愚痴を言っても仕方がない

これは現実であり、僕に与えられた運命だ。
乗り越えていくしかない

たとえ乗り越えられなくても
闘い続けていくしかない

どんなにあがいても

過去などなりはしないのだから・・