死ぬことよりも、、、

愛するひとのために命を厭わない

自ら進んで死ぬ、、

或いは昔なら、

主君のために、国家のために、

命を投げ出す、、

そういう死は犠牲の精神の美しさは

あるかもしれない

でも、やっぱり

与えられた人生を

生き抜く事には

はるかに及ばないと思う

障害者になって初めて

その事がよく分かったような気がする

死よりも与えられた運命を

生き抜く事の方が

はるかに難しいってこと、、

この4年間、、

障害による身体の不自由

障害による日々の身体を襲う激痛と痺れ


社会生活において

日々何度も味わう屈辱感、、


生きる事の方が死ぬことよりも、

はるかに難しく、苦しい

だからこそ、

僕にとって与えられたこの運命を

生き抜く事に大きな意味があると思う

だからこそ

最後まで生き抜きたい