橋下市長は器が大きいよ(血族主義人格批判に対する対応)

週刊朝日の橋下市長に対する血族主義的人格批判に

対する橋下市長の対応を見ていて、器が大きいと思った・・

と同時に

心の底では怒り心頭なのだろうと思った


僕自身、

以前にもこのブログ記事に書いたけど

僕の脳出血の原因が遺伝性病気のもやもや病だから

といって僕の親の責任を問うた人(ヤツ)がいる

僕は未だに許せない

当時僕はまだリハビリ病院を退院したばかりで何もできず、

怒りのを向ける矛先がなく、以下のようにWEB上に怒りをぶつけた

http://okwave.jp/qa/q5217555.html

まだ片手タイピングが慣れていない時期だったので誤字だらけだったが・・

上記のURLの「田中」を「岡下」置き換えれば全てがわかる


僕は未だに許せない

このときの責められていた僕の父母の辛そうな顔が未だに忘れられないから・・

僕が半身麻痺の障害者だから何もできないけれど

もし僕が五体満足な健常者だったら、怒りのあまり刃傷沙汰になっていたかも

しれないと思うこくらいだ。

それほどに自らのことの責任を

自分親族や血筋(DNA?)のせいにされることは人にとって許せないことだ

それにしても、公の紙面であそこまで書かれて、裁判にも打って出ず、

冷静沈着な対応をしていた橋下市長には涙が出そうになった・・

口達者だけではない・・本当に器が大きい と僕は思った

こんなことをブログに書いている僕はまだまだ小さい人間だな・・