脳卒中の麻痺という後遺症の疑問と厄介さ・・

僕は自分の半身麻痺という後遺症に単純な疑問がある

そして健常者の方には見えない(たぶん知らない)厄介な問題がある・・

よく片麻痺になると麻痺側に痙性(筋緊張?)が起こるという


素人的に考えると麻痺=神経が損傷=力が抜ける

つまり筋弛緩というイメージを持つのでのだが・・

神経が働かない状態でなぜ筋緊張を起こすのか

以下のような記述を見つけたが

何を言ってるのかさっぱり分からん

-------------------------------------------------------
脳卒中により随意運動をつかさどる神経の伝達路が障害されると、
病巣の反対側では運動調節機能が失われて弛緩性麻痺となります。
しばしばこれが痙性麻痺へと移行していくのですが、その機序とし
ては
・上位中枢からの下行路が障害されたため、
下位ニューロンが神経化学伝達物質に過敏となり、
初めは弛緩性だった運動麻痺が、次第に痙性に変わる。
・下位ニューロンと接続する下行路が障害されると、閾値
低い感覚神経(GIa線維)が側芽を発生させて、下位ニューロン
新しいシナプスを形成するので、次第に痙性が顕著になり、
痙性麻痺へと移行してゆく。といった説があるようですが、
まだ完全には解明されてないようです。
--------------------------------------------------------


あと、以前、PTさんから運動麻痺が回復してくると

痺れや痛みを感じ始める例がよくあると聞いた事がある。

回復すればする程、痺れや痛みが無くなるなら分かるんだが・・

確かに僕は脳出血倒れた当初、急性期の病院では何も感じなかった

そして回復期病院(リハビリ専門病医院)でも最初の4か月ほどは

痺れなんて感じなかった。

不快感(当初これが「痺れ」とは分からなかったが・・)が出始めたのは

退院1カ月前、つまり発症から5ヶ月後からだ

回復すればするほど苦痛が酷くなる??

厄介なヤツだ・・