志、「やりたいこと」もしくは「やってあげたいこと」が劇痛をも乗り越えさせる

僕は毎度のことながら、いつも疼痛の激痛に悩まされている

でも

志というか、やるべき事というか自分の目標が鮮明に明確になったときには

痛みに耐えられるような気がする

僕の場合、たまたま日本の再生可能エネルギー技術の普及をしたい・してあげたい

という想いというか、志のようなものを持つ事ができたけれど


それは決して大きな「野望」でなくても

自分か心から「やりたい」と思うこと


或いは「やってあげたい」「やってあげなければならない」

というような事でも良いと思う

例えば 僕の場合、上述のような志とは別に

、この身体でも子供のために(どこかに)「連れていってあげなければならない」

とか「(辛くても)生きてあげなければならない」というようなものだ


そんな目標や目的が「鮮明に」明確になると

痛みに耐えて頑張っている自分がいる・・

ひとりのときは思い切り凹んでいるにも関わらず・・

これは人間の心の持つ不思議な作用ではないだろうか


昔、第二次世界大戦アメリカ軍がイタリアに上陸したときのことだそうです。

7Oパーセントの兵士が重傷を負っていたにもかかわらず、

痛みを感じず鎮痛剤を要求しなかったという事例があるそうです

戦場で負傷した兵士たちが痛みを感じず、

戦いつづけることはよくあるらしい。

まるで脳(心?)が痛みの「ゲート」を閉じて、

戦っている兵士たちに「ともかく安全な場所に移動しろ」と促すように・・

そして安全が確保されてから、

ようやく痛みの信号が脳に送られ、痛みに苦しむらしい。

つまり「やるべきこと」あるいは「やりたいこと」

この場合(「生き抜かなければならない」という目的)が明確になったとき、

人間は激痛さえも乗り越えることができるという証明ではないだろうか


モノに溢れた、そして科学や医学の進んだ現代社会では、

こういった心の作用を疎かにしているのではなかろうか

自分の経験からも


もっとこういった心の作用を大切にしなければいけないように思う

それは決して大きな「野望」でなくても

自分か心から「やりたい」と思うこと


或いは「やってあげたい」「やってあげなければならない」

というような事だと思う

例えば

この身体でも子供のために

(どこかに)「連れていってあげなければならない・あげたい」

とか「(辛くても)生きていてあげなければならない・あげたい」

というようなものだ


そんな目標や目的が「鮮明に」明確になると

痛みに耐えて頑張っている自分がいる・・

ひとりのときは思い切り凹んでいるにも関わらず・・

これは人間の心の持つ不思議な作用ではないだろうか


昔、第二次世界大戦アメリカ軍がイタリアに上陸したときのことだそうです。

7Oパーセントの兵士が重傷を負っていたにもかかわらず、

痛みを感じず鎮痛剤を要求しなかったという事例があるそうだ

戦場で負傷した兵士たちが痛みを感じず、

戦いつづけることはよくあるらしい

まるで脳(心?)が痛みの「ゲート」を閉じて、

戦っている兵士たちに「ともかく安全な場所に移動しろ」と促すように・・

そして安全が確保されてから、

ようやく痛みの信号が脳に送られ、痛みに苦しむらしい。

つまり「やるべきこと」あるいは「やりたいこと」

この場合(「生き抜かなければならない」という目的)が明確になったとき、

人間は激痛さえも乗り越えることができるという証明ではないだろうか


モノに溢れた、そして科学や医学の進んだ現代社会では、

こういった心の作用を疎かにしているのではないだろうか

自分の疼痛の経験からも

もっとこういった心の作用を大切にしなければいけないように思う