苦から逃れる術


僕の苦から逃れる術・・

それは僕の苦の根源が

病や障害そのものではないということから

病の治癒を、障害の克服を目標や希望にしても

苦から逃れることができないことに今頃気付いた。

病(障害を負った)の結果起こった思わぬ人間関係のトラブル

予想だにしてなかった・・

それがトラウマになり痛みや痺れまで憎悪させてしまっている

それを今頃悟った・・

ならば、やはり病の治癒とは違う人生目標・・

というか、それらトラブルをすべて飲み込むレベルの

胸を張れる志を達成するしかないのだろう

今、この瞬間、決めた

新たな志 どでかい志・・

今ここでは言えないけど・・

すぐに動くつもりだ・・

一か八か!

行動あるのみ!

身体は動かずともできることはある!