煩悩排除・・無 空、無我で楽になりたい

障害を負ったことを苦しむのは心がきっと弱いから・・

心の強い人はどんな困難に向きあっても平静を保つ、動じない

僕は辛くて辛くて仕方がない、

これもきっと健常者に戻りたいという(たぶん煩悩)があるからだ.

身体的痛みに苦しむことさえ煩悩があるからだ

人は煩悩の塊・・

この煩悩をなくすには・・いわゆる「空」になるしかない。

インドの人は偉いものだ

「空」とかゼロとか「無」いう概念を世界で初めて説いた(発見)のはインドの人

「空」僕なりの解釈は「無」

「無」ほど強いものはない

人間は「有」だから永久に「無」なんて理解できない

「無と」か「ゼロ」とか「無現」とかなんとなくあこがれる

なぜなら心が「無」であれば

苦しむことも、悲しむことも、怒ることもないと思うから

きっと身体的痛みに苦しむこともないと思っている。


それができない僕はまだまだ人間修行不足・・

きっと自我が強すぎる

無我になった方が楽になれるのに・・

死が「無」だと感じたいのもそういう考えからかもしれない。

死んでまで苦しみを味わいたくないから。

生きている今でもう充分・・

せめて死後くらい無になって平静であったほしい

生身の人間である限り自我を捨て無になることなんて不可能だ

それでも自我の苦しみに耐えて生きていかなければならない

だから可能な限り無我を目指したい

苦しみから逃れたいから、、

そして強くなりたいから・・