心の作用で痛みも乗り越えられる!

僕が感じている激痛と痺れ・・

これに耐えられないのは心が弱いから・・

こういうと短絡的な精神論のように聞こえるけれど


僕は脳=心(つまり魂)と信じている

そして脳死=心(つまり魂)の消滅だとも信じている

これを言うと宗教関係者やスピリチュアル系を信じている人からも反発されることも分かっている

でも事実そうなのだからしょうがない

痛みは脳で感じているのだ

つまり心(つまり魂)が感じているのだ。

だとしたら心を鍛えることで痛みは絶対に乗り越えられる

そして心を前向きにすることでも痛みは絶対に乗り越えられる

と思っている

事実、戦場では以下のような事例もある
-------------------------------------------------------------------------------------
第二次世界大戦で、アメリカ軍がイタリアに上陸したときのことだ。7Oパーセントの兵士が
重傷を負っていたにもかかわらず、痛みを感じず、鎮痛剤を要求しなかったという。戦場で
負傷した兵士たちが痛みを感じず、戦いつづけることはよくあることらしい。
まるで脳(心・魂)が戦っている兵士たちに、「ともかく安全な場所に移動しろ」とうながしている
ようだ。安全が確保されてから、ようやく痛みの信号が脳に送られるのである。
-------------------------------------------------------------------------------------

心が、魂が、つまり脳が命の危険があると分かったときには痛みを感じずにいることができるのだ!

だとすれば、、、

今、僕が苦しんでいる痛みと痺れも、心(つまり脳)次第でどうにでもなるということではないか!

実際に僕の感じている疼痛は抗うつ剤で和らぐのだ

抗うつ剤といえば心の薬ではないか!

ということは痛みは心で感じていることになるではないか!

こんな事実から僕は脳=心=魂と感じ、脳死=脳の消滅=魂(心)の消滅・・つまり「無」になると確信している

話はそれたけれど、

だから僕は痛みに勝つためにもっと僕の心を、精神を、鍛えなければならないと思っている。

心を鍛える事が脳を鍛えることに繋がり、結果として麻痺の回復も早めるのではないかと思っている

そのためにも志を、希望を持つようにしたい!

志や希望は周囲の状況には関係ないから、

なぜなら心の中(つまり脳の中)で持つものだから・・

モノにあふれた現代社会では

こういった「心の作用」をおろそかにしがちになっているのではなかろうか