精一杯・・

僕は今、本当に精一杯生きていると思う

これまで生きてきた人生のなかで

これほど精一杯生きたことがあるだろうか

左半身麻痺という身体・・

左半身は鉛ででできているような重さ・・

それはまるで鉛を縛りつけられた奴隷のようだ

そんな身体を毎日引きずって生きている

ただ「歩く」ということにこれほどまでに

注意深く真剣に歩いたことがかつてあるだろうか

ちょっと気を緩めると転倒するから・・

それに加え、左半身の痛みと痺れとは1日24時間闘っている

本当に精一杯生きていると思う

もう3年になるけれど・・

我ながらよく頑張ってきたなと思う

健常者の頃にこれほどまでに一瞬一瞬を精一杯生きていたなら

もう少しマシな人間になっていただろうに・・

今から思うと健常者の頃はある意味、怠惰だったと感じる



でも今、精一杯生きている

だから何もできなくてこのまま最期を迎えても


無念ではあるけれども、後悔はしないだろう

人生において無念とは時の運

でも「後悔」は努力の跡だと思う

たとえ「成果」がでなくても

精一杯生き抜くことさえできれば後悔はないと思う


無念でも・・