不確実な世の中で根拠のない希望を持つのが人間、いや不確実だからこそ希望が持てる

この世の中、不確実性に満ちている

不確実性に満ちているから希望が持てないという人もいるけれど

僕は違う、逆だと思う

明日、交通事故で死ぬかもしれない

そんなこと誰にも分からない

でもほとんどの人間は(いや全ての人間かも知れない)明日も生きていると信じている

明日も生きているという「希望」を持っている


そこには何の根拠もない

なのに明日も生きているという希望を持っている

不確実だから希望が持てないのではない

根拠がないから希望が持てないのでもない

結婚なんてその最たるものではないか

結婚するときほとんどの男女は自分たちは幸せになれると信じている

そこには何の根拠もない

ただ信じているだけ・・ではないだろうか

逆に未来が決まっていたとしたら

その方が希望なんて持てないのではないか

不確実だからこそ、希望が持てる

ニュートンにしてもアインシュタインにしても、

物理の理論は未来はすべて決まっていることになっています

もし本当にそうだとしたら人生なんてつまらないと思う

僕は障害者になってしまったけれど

10年後も障害者だとは誰も確定できないはず・・

もしかしたら、5年後に革命的なリハビリ手法が開発されるかもしれない

この世の中が不確実だからこそ、希望が持てる

希望を持とうと思う

そこに必要なことは自分を信じることではないだろうか

信じることで自信が生まれ前向きな気持ちになれる

前向きな気持ちは知恵を生む

その知恵で人間は苦境を乗り越えるのではないか

太古の昔からそうした知恵で自然の苦境を人間は乗り越えてきたのではないか

それもみな自分を信じるところから始まると思う

自分を信じるということに根拠など必要ないのだ

それは驕りとかいうものとは全く異質のものであると思う

世の中が不確実で自分を信じてさえいれば希望は誰にでも持つことができるものだと思う

だから僕も未来に希望を持とう

自分に自信を持とうと思う

と思う

根拠など何もないけど・・

根拠などいらない