障害を乗り越えるために

僕は日々この半身不随という障害を

乗り越えるために日々自分なりにリハビリをしているけど

一方は「これで十分だ」と考えるが

もう一方は「まだ足りないかもしれない」と考える

そうしたいわば紙一枚の差が

大きな成果の違いを生むのではないか

と日々自分に言い聞かせているつもりだ