マイクロファイナンスを活用して無電化貧困層地域に太陽光発電普及を!

シンガポール提案したアモルファス薄膜太陽光発電パネルの廉価版

(なんとたったの4万円前後)を製作しマイクロファイナンスを活用して

無電化貧困層地域に太陽光発電普及していくことになりそうだ。

このアモルファス薄膜太陽光発電パネルは以前に以下の記事で紹介したもので

http://ameblo.jp/ecoshun/entry-11094413235.html

現在日本で大手電機メーカーが競ってアピールしているような

60万も70万もするようなものではない

基本的には銀行が貧困層マイクロファイナンスを活用して

小口融資を行い太陽光発電パネルを販売するのだ

更に購入者には太陽光発電パネルの販売員となってもらい

太陽光発電パネルを販売事業をおこなってもらうのだ

そのための事業融資にもなるのだ

事業の創造と雇用の創出にもつながる

貧困の撲滅と同時に無電化地域を太陽光発電により「電化」するという一石二鳥だ

またの僕の志が増えた!

こんな身体で世界の貧困層の役に立てるのなら

いくらでも頑張る!報酬がなくても良いくらいだ。

「障害者でも役に立つ人間」であることだけで充分だから・・