オリンピックを観るとまだ辛くなる

半身麻痺の障害者になってもう3年半になるけれど

まだオリンピックなどのづスポーツを観るとまだ辛くなる

別にオリンピック選手のような身体能力があったわけじゃないけれど

両手、両足が使えているというだけで

自分と比較してしまう

例えば・・

こけたとき手つける 

僕は手をつくことさえできない

両手を上げて万歳ができる

僕は左手が手が上がらないかんら万歳ができない

そんな人間として当たり前にできることで

自分にできないことをイヤというほ見せつけられる


僕の場合、老いによる衰えではない

ある日突然昨日までできていた当たり前にできていたことが

全くできなくなる・・

つまりその身体機能を完全に喪失してしまったのだ

左腕は存在するけれど完全に「廃用」である

この精神的衝撃は経験した人にしかわからないであろう。

そんなことでスポーツ番組は基本的に観ない

医者は障害受容なんて簡単に言うけれど

受容なんてそんな簡単にできるもんか

僕は一生この障害を受け入れることはできないだろう

老いとは全く別物だ

こんな痛みや痺れの苦痛を誰が受け入れられるというんだ!

「受け止め」て耐えはしても「受け入れる」ことできない 不可能だ!

絶対に回復をあきらめないから・・

たとえ何十年かかっても・・