できない事をやろうとするから落ち込む その落ち込みから立ち上がるために

半身不随・・なんだから

今まで通りにできるわけがない

分かっているけれど


でもやろうとしちゃうんだよな

料理はそこそ得意だった・・

片手で包丁を使えるわけがない

分かっているけれど

使おうとしてグチャグチャになる

腹が立つ

歩いていると80歳くらいのおじいさんにさえ

抜かされる

無理に追いつこうとして

つま先が「正しく」上がらずコケそうになり

悔しい

レストランで出てきた味噌汁の器を左手で(左手は動かないのに)

持とうとしてひっくりかえしてこぼしてしまう

結局、スプーンを用意してもらって

味噌汁スプーンですする

情けないと感じてしまう。

カット野菜を買ってきたのに

その袋を開封するのに口と右手で開封しようとして

力がうまく入らず、突然開いて中身が飛び散る

そしてまた腹が立つ・・

半身まひになsってから3年半も経つにも関わらず

未だこんな有様だ・・

こんなとき、気持ちがひどく落ち込む。

大きなことができなくてもいい

人として当たり前にできることができないときが一番悔しい

だったらやらなきゃいいのに

とも思う

でもやっちゃうんだよな・・

でも落ち込んだときはやっぱり志を想う

そうすると日々のできない事なんてどうでもよいようにも感じる

そんな風に毎日僕の心は揺れている

いつまで続くのかなぁ・・この状況