償うということ

3年前、僕は脳出血で会社を破産させ、自己破産もして免責を受けた

でも僕は免責を受けたからといって債権者に対して償ったとは思っていない

面積とは単に法律的に返済を免除されただけなのだ

僕はそう思っていた

だから僕は仕入れ先さんの負債だけは免責を受けた後に返済した

確かに苦しかった

自己破産をするということは現金預金を

99万円未満にしなければならない。

もちろん車などは資産とみなされるので売却した

本当に現金預金を99万円未満にされてしまうのだ

免責を受けたとき、確か現金預金は98万程度だったと思う

でも仕入れ先さんの負債額は6十数万円だったと思う

でもたかだか98万の中から僕は返済した。

なぜなら金融機関(銀行もサラ金業者も)の貸金は商売だ

だから必ずリスクヘッジしている

銀行なら信用保証協会を保証人にしているから貸し倒れしても

保証協会からお金は戻ってくる

仕入れ先さんは違う

物品商売上の信頼関係だ

仕入れ先さんは僕の会社を信頼して商品を出してくれたのだ。

それを裏切るわけにはいかない

そう思った

だから返した

僕の良心が咎めるから・・




でも僕のある知り合いは違った





その知り合いも自己破産した

サラ金からだけで2千数百万円も借りていて

闇金にまで手を出していた

それで首が回らなくなり自己破産した

さらに彼は個人の友人からも200万円近く借りていた

彼も良心が咎めたのであろう

自己破産当時は個人から借りた200万だけは一生かかっても返していく

と言っていた

だけど

彼は免責を受けたとたん、行方をくらました

「一生かかっても返していく」という言葉何だったのか・・

個人からの借金はその貸した個人の「良心」である

金融機関のようなビジネスとして貸金したわけではない

彼が困っているから助けてあげようと思って貸したお金だ。

だからリスクヘッジなどするはずもない。彼を信じていたから


だから自己破産で免責を受けたからといって許されたわけではない

人として「償い」をすべきだった。

彼の行方を僕は知っている

でも彼は地元に戻って来れない

貸してくれた人と遭遇するのを怖れているから

なぜなら人の「良心」を踏みにじったから・・

彼に言いたい

今からでもよい

少しずつでもよいから返済しなさいと・・

僕は先日この歌を聞いてそう思った