滅私で疼痛を乗り切る

視床痛(別名:中枢性疼痛)が今日も酷かった・・


死六時中続く左半身の痛みと痺れ・・

「痛みの元」が存在しないのに脳が勝手に痛みを感じる

しかもモルヒネなどの通常の痛み止めは一切無効・・

この中枢性疼痛という後遺症で自殺する人がいることも理解できる。

とにかく痛い、左半身全ての皮を一枚剥がされたような激痛・・

手の抗に五寸釘を打ち付けられたよう痛み・・

赤く焼けた鉄板を押しつけられたような灼熱痛・・

現代医学ではまだ原因がほとんど分かっていない

推測の域を出ない だから有効な治療法がない

だから患者は耐えるしかない ただひたすら・・

もう3年半も耐えた・・もういい加減にしてくれ

僕はこの痛みに耐えるとき「滅私」とか「無私無欲」と唱える

なぜなら自我があると気が変になりそうになるから


心頭滅却すれば火もまた涼し」といわれるけれど

確かにそう唱えていると不思議と耐えることができる

こんなとき脳に心が宿っていると感じる

脳=心=魂と確実に感じる

だから滅私にトライすることで疼痛を乗り切る

それしか方法がないから・・

身体が不自由なのは工夫で何とでもなる

でも、この痛みだけはたまらん

精神までおかしくなりそうだ。。

自我がなければ、身体の痛みに耐えることができるだけでなく

自我がなければ 悲しみも

自我がなければ 怒りも

自我がなければ 憎しみも

自我さえなければそんな醜い心も持たずに済むだろうに

所詮、生身の人間だから滅私涅槃の境地になどなることは不可能なことは

分かっているけれど

痛みに苦しまず、さらに心の安寧が得ることができるのであれば、

そうなれるよう努力したい