さあて食いつくか!?華僑投資家

昨日太陽光パネルと大容量・長寿命の蓄電池の

華僑投資家へのプレゼンのための最終の勉強会を行った。

正直、プレゼンをする中国人留学生に技術の詳細を理解してもらうのは諦めた

技術の素地が全くないのに無理である。無理すると発表の場で可哀そうである

それでこの技術で何ができるかだけを伝えてもらうようにした・

この7月に日本政府が決めた再生可能えねるぎー全量買取価格は42円/Kwだ

予想以上に高かった

この太陽光パネルで4000Kw級のメガソーラー発電事業をした場合、

-------------------------------------------------------------------------------
初期総工費20億円で、その後毎年約2億7千万の売電収入が得られる

約7.5年で初期総工費は償却できる

しかも仮に金利ゼロで20億円を均等返済したとしても毎年数億のキャッシュフローが生まれる
そして15年で約41億の総売電収入になる

-----------------------------------------------------------------------------------

これだけを伝えてこの事業に投資したい人はいないか聞いてくれと・・

あと大容量・長寿命の蓄電池技術については

-------------------------------------------------------------------------------------
この技術を使えば1000世帯程度の町が1週間暮らせるレベルの世界最大級の蓄電池を作ることができる。

このような蓄電池を作り世界に販売できる工場(企業)を作りその企業に投資しませんか
--------------------------------------------------------------------------------------

これだけを伝えてくれと・・

詳細に興味があれば日本に来て実物を見てくれるように言ってくれと・・

これで食いつくかな・・

これ以上彼女に技術の詳細を理解させるのは限界だと思ったから・・