「許す」というのは僕の人生のテーマ

「許す」というれことは攻撃したり責めることよりも精神エネルギーを必要とすると思う

人間、生きている中でさまざまな「許せない」出来事に出会う

そのとき「相手」を責めるのは、攻撃してなじり潰すの誰でもできる


でも「許す」ということはとても難しい

ものすごい精神エネルギーを要すると思う


そんな意味で許さない人間より、相手を許せる人間の方が強いと思う。

許せない対象は人によってさまざまだと思う

決して人だけではない

許せない出来事

許せない社会

許せない人間

僕にとって許せないのは

自分の人生そのもの

自分を襲った難病(もやもや病)

息子まで襲った難病(もやもや病)

そして人生を一変ささられた脳出血

それによって日々襲ってくる痛みや不自由

こんな人生じゃなかったはず・・という思いの

ある中で、すべて今でも許せない対象だ

どうしたら許せるのだろう

「許容」とでも言うのだろうか

これらのことがすべて許せるようになったとき

初めて本当の心の安寧を得ることができ、本当に強くなれるのだろう

そんな意味であらゆることに対して

「許す」という事は

僕の人生で挑戦すべき最大のテーマではないかと思っている