身の丈にあった生き方で結果を残したい

会社なんて興さなければ良かったのかも・・

とときどき思う

そもそも経営者向きじゃないことくらいわかっていた

なのに無理して会社を作った・・

挙句の果て赤字の連続

零細企業の経営なんてそんな甘いものじゃない

毎月月末には支払いにおののく・・

今月も自分の給与をとれるかどうかまったくわからん状態で

銀行からの借入金の返済だけが頭に残り、食事ものどに通らなかった毎日

血圧も上がって当たり前・・

結局最後は脳出血で半身不随・・

零細企業の社長だけど社長業なんて身の丈に合っていなかったのだろう


それでも僕は後悔だけはしていない

あの苦しい社長業の日々があったからこそ

ある意味身の丈に合っていなかったからこそ

精神的に一回りもふた回りも大きくなれた気がする


そして今、その結果として、新しい道を開くことができていると思う

中小企業の社長の苦しみや状況を知っているからこそ

言えることがある

共感できることがある

無茶な金額を銀行からの借入をする社長の気持ちもわかる

傍からみたら放漫経営に見えるかもしれないけど

社長本人は必死・・ギリギリの選択の結果・・

今はもう社長業に耐えられる身体ではないけれど

あのときのキツイ経験は決してムダではなかったと思う

なぜなら、決して手を抜かなかったし、

精一杯頑張ったという自信があるから

会社経営では結果は出なかったけど・・・

これからは違う形で結果を残す!

でも今度は身の丈に合ったもゆっくりとした生き方をしてもよいのではないかと思っている

こんな身体で身の丈以上の事をしたら命取りになるし・・

そして経済的成功だけが必ずしも人生の成功ではないことを証明したい


必ず・・