ここにきて気持ちの落ち込みが激しい

どうにも気持ちの落ち込みが酷い・・

今頃である・・

もう3年半も経っいるのに・・

障害者であることが・・

これまで相当突っ張ってきた

行動も暴走してきたように思う

とにかく何かに集中し、夢中になって

障害を忘れたかったような気がする

暴走するあまり周囲に大なり小なり迷惑をかけてきたように思う

そんな自分が急にイヤになってきた・・

どうにも苦しい・・

身体が不自由なことが・・


きっかけはちょっとしたことである

昨夜仕事で遅くなり、帰ってきたとき

家内は「夕食は食べてきている」と思ったらしく

食べるものが何もなかった

ご飯だけがあったので

で、

お茶漬けでもたべる?

って聞かれて

何気なく「うん」と答えて出してもらった

箸を持った・・


・・・・・・

食べれない。。


お茶碗が持てない。。。から


その瞬間・・オレ・・あらためて障害者だったんだ!

って気付かされた・・

こんなこと(お茶碗を持ってご飯を食べる)さえできないんだ・・

って・・

そんな些細なことから、急に悲しくなってきてしまった。

そんなことはもうとっくに分かっていたことじゃないか!

なのになぜ今頃悲しくなるんだ!・・オレ


悔しい!


なぜだかとても悔しかった

情けなかった・・

そういうことを忘れようとしてこれまで結構無茶してきた・・

障害者でも役に立つ人間になりたい!なんて・・

再生可能エネルギーの普及?っ!

お茶碗を持ってお茶浸けすら食べる事ができない人間のくせに何言ってるんだ

って自分が滑稽に見えてきたまるでドンキホーテじゃないか

ピエロ。

そうピエロだよ

そんなことを思って昨夜なんだか涙があふれてきた・・


いかん 後ろを向きはじめた・・

もう一度突っ走ろう!

周囲ことなんて気にしていられない

まずは自分を立ち直らせなきゃ!

後ろも振り向かず周囲にも目を奪われず、

ただひたすら前を向いて突っ走ろう

でないと心が折れる・・

今にも折れそうだから・・


折れちゃいけない!

死んではいけない!

絶対に!

生きるんだ!

障害者でも恥ずかしくなんかない!

健常者になんか負けてたまるか!

だから突っ走る!もう一度・・

前のを見据えて・・

振り向くな!

周囲を気にするな!

自分流で行け!

自分を信じろ!

オレよ