善かれと思って・・策と知恵


善かれと思ってしたことが、

思わぬ反発や問題を引き起こすことがある

思いが足りないのか、

はからいがたりなかったのか

思い悩むことがある

でも、思い返してみると、

そこには「策」に溺れたという感がある


「策」は所詮は「策」

「策」は「自然体」ではない

どこかに無理があったのだろう

「歪み」があったのだろう

その「歪み」が問題の原因となっていたように感じる

そうではなく目の前の状況を素直に受け止め、

自然に湧き出る「知恵」でなければならなかったのだろう


このブログ記事でも同じことを感じる

良いことを書こう、面白いことを書こうなどと「策」をめぐらした

時に限って思わぬ反発のこコメントがきたように思う。

自然体で思ったままをありのまま書いたときに

ありがたい応援メッセージを頂いたりする。

苦しいときほ「策」に弄してしまうものだと思う

これからも何事にも「策」に溺れぬようできる限り「自然体」を心がけようと思う