ギブ&テイク、、感謝するって意外と難しい

人間はだれしも、お互いに支え合いきている

必らず誰かに支えられているものだ、

「give&take」である

自分が気が付いていない事も多いけど

少なくとも障害者の僕は多くの人に支えてもらっている

「give&take」である

だから「感謝」しなければならない

理屈ではそうだけど・・

人間、相手の行動の結果が、自分の「期待」に対して大きく低いと

「感謝するのは難しいものだ

簡単な例でいうと部下に指示した仕事の「結果」が

自分の「期待」に対して大きく低いと

怒ってしまうものだ

「感謝」など到底難しい・・・

でも昔、言われたことがある

部下もしくは(自分が社長なら)社員に仕事を任せたとき、

たとえ結果が期待外れであっても、

「結果」ではなく、

自分の代わりに「労力を割いてくれた事」

に感謝しなさいと・・

でも実際に難しいものだ・・

先にtakeを求めてしまうからいけないのかな・・

takeを求めずに相手にgive、give、giveの心構えが必要なかな・・


それにしてもできるgiveが少ない僕には結構辛いな・・

やっぱりgivとtakeのバランスが崩れると人間関係おかしくなるんだよな

giveの価値=takeの価値

が理想かな