僕の禁句「いつまで?」

僕は心の中でつぶやくことを禁句にしている事がある
それは

「いつまで?」

いつまで痛みを耐えなければならないの?

いつまで不自由を我慢しなければならないの?

いつまで苦しまなければならないの?

いつまで?

いつまで?

これらを問い続けると発狂しそうになる

なぜなら、誰ひとり答えてくれないから

せめて5年でもよい

いや10年でもよい

期限さえ切ってくれたなら

それまで頑張ろうと言う気持ちにもなるのに、、

誰も何も言ってくれない、、

これではまるで永遠に絶え続けなければならないのではないかと感じてしまう

そんな気持ちになっしまたら、心が押し潰されそうな重苦しい思いに陥る

だから心の中で「いつまで?」とは考えないようにしている

「一生回復しないから(後遺症)と言うんだ」

と僕に言った脳神経外科医がいる

僕には残酷な言葉だった・・