許す

「許す」ということを考えるとき

僕はこの歌を思い出し、考える

この歌の歌詞に出てくる「奥さん」は7年経って本当に許したのだろうか

と考え込んでしまう。

今でも許せないけど・・

許さざる得ない・・

実は本当はそんな心情ではないのだろうか・・と

それでもいいのかもしれない・・・

たとへ本心は許せなくても「許そう」と決意することが「強さ」じゃないかと・・

そんな風に償う立場からではなく、許す立場の奥さんの視点から聴いてしまうのだ




確かに人間の心って難しい・・