死は生の一部?

最近死は生の一部である。

そして死と生は別々のものではなく死は生きることに含まれているのではないか

なんてことを考えている

人は皆いつか死を迎える

そして死に至るまでに病と老が必ず来る

そうでなくとも事故や事件などに巻き込まれる場合もある

死に至る直前には必ず「苦」が存在する

ということは

死は単なる「苦」からの解放であり

苦を逃れるための生きる術ではないか

なんて人が聞いたら


「訳のわからん事言うな!」

といわれそうな事を考えている

僕の障害の苦しみも

単に死を迎える一歩手前の「苦」ではないかと・・

確かに一時期、僕は死はこの障害の不自由さと痛みと痺れの苦しみから

の永遠の解放ではないかと思っていた

生と死は完全に切り離してしまい

死は生の消滅と考えなくてもよいのではないかと思ったりもしている

輪廻転生ではないけれど

生と死は永遠に繰り返されていくのではないかと・・