せっかちな性格が僕を苦しめる


元来僕はせっかちな性格だった

僕の父は船場で丁稚奉公をしていた叩き上げの商売人

幼い頃から

全ては段取り、段取り、段取り、段取り、

そして何事にもスピードを求められた。

モタモタしていると叱られた

いわゆるハイスピードマネジメントを求める父だった・・

そんな生い立ちにせいか

いつのまにか僕はせっかちな性格になっていった

そして半身不随・・

これはせっかちな性格には辛い

何事もゆっくりしかできない

今まで教わってきた、身体に叩き込まれてきた事とは

全くの正反対の状態のことしかできない


イライラする

気が焦るばかり

でも身体が気持ちについて来ない

「段取り」さえもまともにできない

これでは精神が参ってしまそうだ


だから僕は以前とは正反対に・・

「何事もゆっくり・・」「何事もゆっくり・・」

と自分に言い聞かせている

が元来の性格が僕の心を急かす・・

それが結構苦しい


そして、このハイスピードマネジメントの時代に


これで僕は生き残っていけるのだろうか

少々心配している