時は解決してくれない、時は悲しみを受容させてくれない

これを読んでくれている皆さん方の中にも「時が解決してくれる」

アドバイスされたことが一度はあるのではないでしょうか


でも

時が経ち記憶が薄れることで不安や怒りや悲しみが解消できるならば、

それは「忘れる」ということです。

どうしても忘れることができないとき「時は解決してくれない」のです

その悲しみや苦しみが毎日に関わる重大なことならば、薄れる可能性より

問題が、苦しみが更に深くなることだってあり得ます。


このことは僕の祖母の事を思い出しながら書きます。

時が苦しみを受容できるようにしてくれるということも聞いたことがある

受容・・「悲しみの受容」「障害受容」


受容という言葉・・なんと冷酷で残酷な言葉なのだ。


愛する人の死の悲しみや障害を負った苦しみなどを「こんなものだ」と受けれること?

不可能だ・・

経験した事のない人が無責任に言う冷酷且つ残酷な言葉にすぎない。

肉親や子供を亡くした方は時間の経過とともに

その悲しい事実を受け入れることが本当にできるとでも思っているのか。

時間と共悲しみが癒される?

それは不可能だ。

その人達の時間は亡くしたときの瞬間で止まっているのだ

日常に涙が消えたのは、決して受け入れたわけではない

心の隅にひたすらにコンクリート詰めにして隠しているだけ

それでもときどき辛い想いが心の中に浮かび上がり、ひとり涙にくれるものなのだ

僕の祖母が89歳で亡くなる直前に・・

もう60年以上前に満州で戦死した長男の名前を呼んだ

決して長男の死を「受け入れていた」わけでは無かったのだ

祖母は死ぬ瞬間まで「受け入れる」も「忘れる」こともできなかったのだ

ひとり密かに涙にくれた日々もあったのだろう。

きっと祖母の時間は長男の戦死通知が来た日から止まっていたのだろう。

死の間際まで・・

僕の時間も2年半前の倒れた瞬間から止まっている。時間は45歳のままだ・・・

2008年11月20日14時のまま・・

きっと死の間際まで永遠に止まっているのだろう。

この悲しみは永久に受け入れることなんて不可能だ。

心の奥に閉じ込めることはできても、

その扉が開かないように永遠に必死の思いで

その扉が開かぬよう押さえ続けるしかない。

永遠に力を抜くことは許されないのだ。

軽々しく「悲しみの受容」とか「障害受容」などという

言葉を言う医師や識者を自称する人たちに言いたい。

あなた方は何も分かっていない。

精神科医や神経学者とかいう「識者」や「学者」たちのなかには

「受容ではなく、共存を」などという

屁理屈を言っている人たちもいる。

それも不可能だと思う

ただひたすらに閉じ込め続けるしかないのだ。
 
僕は思う。

車椅子に乗ってはいる障害者、盲導犬を連れている視覚障害者の方々、

あるいは沖縄の沖縄戦愛する人を失った人たち、
また、あるいは去年の震災で多くのものや愛する人を失った人方々

彼らは死ぬまで「過去」忘れたり、その障害や心の苦しみを「受け入れる」ことはないだろう

少なくとも僕は自分の障害を死ぬまで「受け入れる」ことはないだろう

こんなこと永遠に受け入れてたまるか!

そして健常者だったころの記憶も決して「忘れる」事はないだろう

障害を受け入れず、絶えず、障害の悲しみや心の苦しみと闘い続けて生きていくのだ。

死の瞬間まで闘い続ける!

永遠にファイティングポーズだ。頑張り続けるのだ。

無理するな?

アホ言え!

心を無理し続け、心がファイティングポーズだからこそ生きていけるのだ。