全責任は我にあり

僕は脳出血を起こし、半身不随となり

会社を破産させ、従業員も解雇した

そして個人破産もした

家族・親戚にも心配をかけた

今思うと

これらの全責任は僕にあると思う

病気なんて予測できないと慰めてくれる人もいる

難病のもやもや病になったことも僕の責任ではないと慰めてくれる人もいる

それでも

脳出血を起こし、上述のような状態になっ全責任は僕にあると感じている

リーマンショック後会社の売り上げが落ち込み

それでも銀行から借り入れをしてストレスで血圧が上がり始めていたことも認識していた

それでも降圧のために病院に行かなかった

明らかに健康管理不備である

なるべくしてなった脳出血であると思う

だから全責任は僕にあると思う

だからこそ、全責任を持って再起を誓いたい思う

それくらいの気概がなくてどうする!

それくらいの気概がなければ、

たとえ健常者に戻っても「社会の役に立てる人間」などなれるわけがない

痛い 痺れるなどと弱音を吐いていてどうする!