憎しみや怒りや悲しみの前に工夫を・・

僕を襲った病魔に対する

怒りや悲しみや憎しみの気持ちが湧いてくることがある

でも

その前にこの身体で生きる工夫をすることが大切だ


怒りや悲しみや憎しみなどというネガティブな心を持っても


決して何も良い方向には行かない

意欲の減退の原因だ

これは人に対しても同じかな・・と思う

人に対しても怒りや悲しみや憎しみの気持ちを持つことがある

そんな気持ちをも持ったところで何も解決しない

とにかく解決のための工夫・工夫・工夫

意欲を持って工夫・工夫・工夫


やべきことを粛々と、

そして淡々と無心に解決のための工夫と行動をすることだ


そうすれば・・

きっと何事も良い方向に行くに違いない

そう信じることが希望につながるような気がする

しっかし・・

痛みと痺れを和らげる工夫だけは・・

これだけはまだ試行錯誤の状態だ・・

これだけはまだ工夫が足りんなぁ・・

辛い・・