華僑マネーとユダヤマネー

とんでもないことになってきた・・



僕のもっている再生可能エネルギー技術案件に

華僑投資家グループとユダヤ投資家グループにつながりにある

ブレーンからお声がかかってきた・・


今日、僕は(片手に杖を持つと傘がさせないので)大雨の中

びしょ濡れになりながらその人に会ってきた

どちらもそれら投資家グループにベンチャー企業でもよいから

持っている最先端の再生可能エネルギー技術の

プレゼン資料を作成してほしいと・・

そして・・これらの投資家は技術が良ければいくらでも投資する


7月下旬にそれら投資家の会合とプレゼンテーションの場が

シンガポールであるという


そのためのプレゼン資料作りだ

それもこれらの投資家グループの投資できる金額というのが

僕の想定を遥かに超えた金額なのだ

数千億円から多ければ2兆円規模までいけるという・・(@_@;)

これまでの僕の世界とはまるで違う別世界の話である

あまりにも雲を掴むような話が舞い込んできて

今、戸惑っている・・

華僑マネーとユダヤマネーどっちがすごいのだろう

そしてどっちが信頼できるのだろう


そもそもそんな世界が本当にあるのか??

という心境である