待つということ


障害者になってからというもの「待つ」ことが多くなった

歩くのが遅いからどこへ行くにも1時間は早めに行って待つ

電車に乗り遅れそうになっても走れないから

仕方なく乗るのをあきらめて次の電車を待つ

そして痛みや痺れがきたとき、

ただひたすら耐えて痛みや痺れが通り過ぎるのを待つ

家族とも同じスピードでいっしょに行動できないから

家族には行かせて

適当なベンチで僕だけ待つ

人間にとって「待つ」というのは辛いものだ

仕事でも同じ

やるべきことをやって結果を待つ

待つときには焦りは禁物

焦りの心を持つと余計に苦しくなる

人事を尽くして天命を待つという言葉があるけれど

なぜに人間にとって待つということはこれほどにも辛いのだろう

どうせなら、、

待ったあとに希望が見えてほしいものだ

僕もはもうリハビリを続けて3年・・

3年間、リハビリを続けながらいつ回復するのか待った

そして今も希望を諦めず待っている

やるべきことをやり、

待ち続ければ希望は見えてくるのだろうか