頼られる張り合いこそが僕の生きる意味

脳出血で半身不随の障害者となってしまった僕が

発症当時、最も恐れた事・・

それはきっと誰からも頼られなくなるのではないか

という事だったように思う。

逆に誰かに頼らなければ生きられなくなる

それがいちばん怖かった

許せなかった・・

それまで頼られることが張り合いだった

妻から・・

息子から・・

自分の会社の社員から・・

だから頑張れたと思う。

それは今でも同じだ

障害者でも頼られる張り合いがあるからこそ

頑張れる

痛みにも耐えられる

障害者でも大きな目標を持ってみようと思う

障害者になったからといって何も頼られないなんて悔しい

頼られる張り合いこそが僕の生きがい

僕の生きる意味だと感じている。

頼られている事を感じることができるから

身体がどれだけ辛くても生きようと思える


だから

どんなに傷付いてもいつまでも大黒柱でありたい

寄りかかってきてほしい