「ごめんなさい」は逃げの言葉「ありがとう」は覚悟の言葉


人は誰でも物事につまずくとがある。

僕なんか障害を負ってからというもの


できると思ったのにできないことだらけ

になってしまっており、

つまずくことだらけだ

人に迷惑ばかりかけている

頼まなきゃできないことだらけ・・

そんなとき「申し訳ない」という気持ちを伝えたくなる

でも

そのとき

「ごめんなさい」

ではいけないと思うのだ

「申し訳ない」という気持ちを伝えたいなら

「ありがとう」というべきだと思う。

「ごめんなさい」は自分を逃がす言葉だと思う


「ごめんなさい」は

自分にとっても

相手にとっても

決して「ラク」にな言葉ではないと思う

「ありがとう」と言えるようにしようと思う。

「ありがとう」は感謝の言葉であり、且つ覚悟の言葉であるとも思う

こんな自分に付き合ってくれた相手に「ありがとう」といえるかどうか

ほんのちょっとした違いだけれど

「ありがとう」と言えるだけで心の持ち方が全く変わると思うのです。

「ありがとう」と言えるように心掛けよう