喜びも悲しみも怒りも憎しみも心の中だけのもの

激しい怒りを感じるとき

激しい悲しみを感じるとき

周りが自分を苦しめているような錯覚に陥る


でもそんなことはない

悲しみも怒りも憎しみも心の中だけに生成しているだけ

CTスキャンでもMRIでも

心の悲しみや怒りをと捉えることはできない

悲しみに包まれているとき

怒りに満ちているとき

憎しみに満ちているとき

周りをよく見渡しみると


何も変わっていないことに気付く

そうだ

自分だけが

自分の心の中だけの問題なのだ

スターウォーズダースベーダーのように

怒りに満ちたとき周囲のものがぶっ壊れるわけでもない

何も変わっていないのだ

ただ自分が生きてきた経験からの狭い価値観で

怒り、悲しみ、苦しんでいるだけなのだ。


そういうときもう一度周りの景色を見渡してみる

街の木々・・

道端の草花


家の中なら本棚、家具、調度品

いつもとな何ら変わっていない

だた自分だけが

自分の心の中だけに怒りや悲しみがあるだけ

それさえも実体は何もなく、

どんな科学装置を使ってもとらえることはできない


それなら、怒り悲しむだけ損?ではないか


だって何も変わらないんだから・


どうせなら喜び、笑っている方がいい

周囲が何も変わっていないならきっと笑える

笑うと心も不思議と笑ってくれる

前向きになる不思議と意欲も出てくる

その方が得じゃないか