最高の「志」は自らの人生を生き抜く事

僕がこのブログで志、志なんて言うと

志なんて持つのはそう簡単な事ではなく難しいと考える人もいるでしょう
僕には、私には志なんて無いんです。
見つからないんです。
と言われる人もいるでしょう

でも志なんて皆持っていると思うのです。

僕はひとりひとりが与えられた人生を最後まで生き抜く事こそが人間の志ではないかと思うのです。

人間、ひとりの人間の人生をみれば
皆、それぞれ人生波乱万丈だと思うのです。
100人いれば100種類の波乱万丈がある

順境の人もいれば逆境に立ち向かう人もいるでしょう
逆境に苦しむ人もいるでしょう

でも人生すべてが順境で終える事のできる人なんてこの人類60億人のなかにでもひとりとしていないでしょう
だって人間はいつかは必ず病の床に伏し老い、いつかは死を迎える
人間の人生そのものが逆境であるとも言えるのではないか
そんな人間の人生を生き抜く事こそが
充分「志」と言えるのではないか
何も経済的成功や社会的成功が志でなければならない事はないと思う
与えられた人生を一歩一歩粛々と目の前にあるやるべき事だけを無心に
やり抜く事ができれば、人生の志は半ば全うしたに等しいのではないだろうか。日々目の前にあるやるべき事だけを無心にやり続ける事ができれば
きっと人生の最期には満足できるのではないか


そう信じたい

予想外に苦しい人生だから、、







iPhoneからの投稿