瞬間、瞬間を精一杯生きる

本当に瞬間、瞬間が精一杯だ。。


朝起きてベッドから立ち上がるだけのことが

どうやってバランスをとるかまず考える。

足を少し引き体重を思い切り前に持っていく

そしてタイミングよく左脚を伸ばす・・

よいしょ!ヨロヨロとしながらもやっと立てた

たかがベッドから立ち上がるだけでこれだ・


どれから着替え

着替えだけで30分はかかる

だって左半身は感覚が無いから着れたかどうかは目で確認するしかない

だから背中側の服がめくれていてもわからない

だからか鏡で身体をねじって、更に首をねじって確認する

今度は食事・・

僕は左手で器が持てない

だから器の場所がとても重要になる

口から遠いと食べれない。

だからまず器の置き場所を考える

食べる順番もあらかじめ考える。

靴を履くときも同じ

カマチの段差の高さをまず見る

僕のひざの力で座れるか、

そして立ち上がれるか

何か掴むものはあるか

靴を履くときも必死だ。

まず健常の右足から履く

そして右足で片足立ちしてバランスをとりながら

感覚のない左足に靴を押し込む・・

でも感覚がないから履けたかどうかが感覚ではわからない


だから右手で履き具合を確認する

日常生活がすべてこんな具合だ。

毎日、毎日・・いわゆる「普通に生活する」だけで精一杯だ。

午前中だけで精魂尽き果てるときもある。

今思うと・・

健常者の頃、一挙手一投足をこれほどまで気を使い、

精一杯、そして真剣に頑張っていただろうか

もしそうしていたら、僕の人生も少しは変わっていただろうな。

少なくとも今は一挙手一投足気を使い、真剣に精一杯頑張って生きているつもりだ

いつまで気力が持つかわからないけど

こうして頑張っていれば、

今までより少しはまともな人間になれそうな気がする。