僕が無心に頑張れること

今、目の前のやれるべきことをやる

やるべきことをやる

そこには私心なく欲もなくただ粛々とやるのみ

そういうやるべきことをがあることを僕は感謝している

そんなとき

僕は自分が障害者であることを忘れさせてくれるから

欲なんて持ったところで

この身体は人並みに楽しめることなんてほとんどないのだから

だから欲は持たないように心掛けている

なぜなら、欲を持てば持つほど空しくなるから・・・


だから無心で取り組めることが目の前にあることが最もうれしい


そして唯一欲があるとすれば障害者でも社会の役に立つ人間になること

そのためにぼくができることがあるのなら何でも良い。

それを黙々とやっているときだけが

自分が障害者であることを忘れさせてくれるから


そしてまた昨日

ぼくに僕のもっている再生可能エネルギー技術情報を聞きたいという

オファーが来た。

今、僕唯一ができることは「伝える」ことだけ

そしてそのため資料を作ることだけ

風力発電装置のボルト一つ締めることもできない身体だけど

バイオマスメタン発酵装置のサイロに登って発酵状態一つ確認できないけれど

こういう技術があるということを「伝える」ことくらいはできる

たったそれだけのことが「役に立つ」のなら僕は嬉しいし、夢中になれる

そしてその伝えている瞬間、自分が障害者であることを忘れさせてくれるから

歩くのは辛いけど、伝えにいくために無心に「移動」も頑張れる