やっぱり言われた「慣れるしかない」と・・

今日何気なく・・

家内に・・

玄関で靴を履くときにいつものように時間がかかっていて

僕が「もうかなわんわ!この身体!」

と言ったら

家内は

「慣れるしかないやん」

やっぱりそう思っているんだ。

違う!

絶対にこの片麻痺という不自由や痛みに「慣れる」ことなんかあり得ない!

「耐えるんだよ!」と叫びたかったけど・・

やめた・・

わからなくても仕方がないことが分かるから・・

理解しろという方が酷なことも分かっている。

そんなこと言ったって家内は辛い思いをするだけ・・


だったら僕が耐えればそれでいい・・

それでいいんだ!


でも絶対にいつか


いつか

いつか

必ず回復してやるという気構えだけは心から捨てない。


それだけで十分さ