痛み・痺れ・病で悩まない 闘う相手である

なぜこんなに痛いのだ

なぜこんなに痺れるのだ

なぜぼくだけが・・

痛みや痺れや病の事で悩んだってしょうがないことに気付いた。

悩んだところで痛みがなくなるわけでもない。

後遺症がなくなるわけでもない。

悩むだけ心が蝕まれる分損なだけじゃないか。

痛みや痺れや病は闘う相手である。

勝つか負けるかどちらかだ。

特に痛みに関してはそう思う。

勝つか負けるかどちらかだ


痛みについて

後遺症について

「悩む」ことはもう止めよう。

闘おう