いつまで続くのか苦痛の毎日

今日も朝から痺れが酷かった・・

「痺れ」とは言っているがどう表現してよいかわからないから

痺れという表現をしているのだが、、

これは痛みとも痺れともいえない左半身全体が不快感に襲われる

これはもう「苦痛」としか表現できない。

ひりひり、じんじん、びりびり、ぴりぴり、などと表現すれば良いのだろうか

これは常時24時間感電させられているような痛みとはまた違った不快感だ。

辛い・・

精神的に参ってしまう。。

たとえば、朝起きて洗面所に行くとき左腕がドアに軽く当たるだけで激痛を感じるのだ。

そして洗面所の水を出すとその冷たい水しぶきが左手にかかるとこれまた激痛だ。。

たかが水しぶきがゲゲゲの鬼太郎の毛針攻撃にさらされているように感じるのだ。。

もうやめてくれ~!

いい加減にしてくれ!

叫びたい気分だ。。


それでも気持ちを別の方向に向けるためパソコンの前に座りメールを確認する。

何かやっていないと気が変になりそうだ。。

もう3年耐えてきたけど、あと何年耐えられるか正直自信がない。。

いつまで続くのか。。

この中枢性疼痛という痺れ・・

しか不思議なことに心が感動するとこの痺れが和らぐのだ。。。

だから敢えて涙するような映画のDVDのレンタルばかりしている(苦笑)

ポジティブな気持ちになるとなんと和らぐのだ。実に不思議である。

こんなこと心=脳=身体を実感する。

だから僕はどうしてもポジティブな心であり続けなければならないのだ。。

痛みと痺れが苦しいから、

それから逃れるために希望や夢を持つといってもよいくらいだ。

ありきたりな言葉だが是が非でも夢と希望を持ち続けることが僕には必要なのだ。

でなければ痛みと痺れで発狂してしまいそうだから・・

半ば強引に自分の心をポジティブにし続けている

そうしなければならないから・・

これも結構つらい・・