僕の意欲の源泉


今朝は、午前中は何もする意欲がなかった。
なぜだか理由はわからない。
とにかく何もしたくなかった。
半身麻痺が恨めしかった。
鉛のように重い左半身、

左腕も、鉛のように重い
右腕と同じ重さにも関わらず、
なぜ左腕はこんなに重いのか、、

こんな重い左半身を毎日引きずっている
立ち上がる事さえイヤ になる
これが麻痺というものか、、( ;´Д`)
惨い、、仕打ちだ。

多少リハビリによって動くようになってはきたが、この重さ感は変わらない。

いつまでこんな重いモノを引きずらなければならないのか
まるで、鎖で錘をつながれた奴隷のようだ。
生きることさえイヤになってくる。
なぜ僕がこんな仕打ちを受けなければならないのか、、惨い、、

そんな 気持ちだった今日の午前中だった。
そんなネガティブな気持ちが
突然ポジティブな気持ちに突如変わった!

それは息子の「ただいま!」と言う大きな声が聞こえた瞬間だった。

心が突如グレーから真っ白に変化したのを感じた。
不思議なものである!

家族の声、、

これが今の僕にとって一番 の良薬かも知れない。
何時の間にか
半身麻痺の辛さの気持ちもどこかに消え失せているではないか。
そうこうしているうちに「志」の事を考え始めていた。

この障害でどうやって社会に「役に立つ人間」になれるか、、という事だ。

どうやって日本の優秀な環境技術を 日本中に、いや、世界中に普及させる事ができるか
考え始めた。

こうなると午前中の鬱気分はもうどこかに行ってしまって見えない。

不思議なものである
息子の声、、
僕にとっては大切な「絆 」を確認できる
声だ。
そして、きっと僕の意欲の源泉 だ。
息子よ、ありがとう。。
ときには叱って泣かしてしまうけどな、
お前がいるから父さんは生きていられるんだよ