今、目の前にあるやるべきことを粛々と・・

なかなか成果が出ない・・


このままで良いのか・・

未来はあるのか・・

逆に後退してはいまいか・


焦る・・

なかなか結果が出ないと焦るものである

不安も増幅する・・

リハビリもそうだ・・

毎週リハビリ病院に通って、もう3年・・

症状が改善しているようには感じない。

さすがに3年してもほとんど目に見えた進展がないと人間諦め気分になるものだ。

でもある本によると脳の中では着実に変化の兆しが表れているという。

本当なのか・・成果が目に見えないというのは不安を煽るものである。

それは仕事にしても同じ・・

今、スタートし始めている事業は以下の通り

・日本全国の地方自治体にスマートシティの提案と構築サポート

・インドへの最新型風力発電技術の輸出導入

・アフリカ ギニアへの浄水設備導入プロジェクト

・障害者だけで運営するデジタルアーカイブサービス事業の立ち上げ。

どれもこの2,3日動きがない。動きがないと焦る気持ちが募る

当然お金にもなっていない。資本主義社会のこの世の中、正直言ってお金になってナンボ

そのための兆しがまだ見えない

本当にうまくゆくのだろうか。。

こういうときにこそ結果を焦らず、目の前にあるやるべき事を・・

いやそのやるべき事さえ分からなくなる。

これがやるべき事なのだろうかという疑問と不安・・

考えても仕方がない。

「やるべき事」ではなく「やれる事」を粛々とやるべきなのだろう。

「やれる事」を粛々と精一杯やり、あとは天命を待つのみ・・かな

「待つ心」今は未来を信じてやれる事」を粛々と精一杯やり待つ心が大切なのかな。

それでも不安に満ちてくる。。人の心とは厄介なものだ。

忙しくしているだけでホッとする。

忙しい=結果が出ていると錯覚しているだけかもしれないのに・・


人の心とは厄介なものだ。連絡が来ない。目に見えた成果が出て来ない。

そのほんのちょっとした不安が余計なネガティブ思考を増幅させる。。

さあやれることを粛々とこなしていこう。

明るい未来に近づいていると信じて・・