心=脳=魂=身体

まあ、これほど心が凹んだのは久しぶりだなぁ・・


半身不随になって初めて日常生活に戻った時に

あまりにも日常生活で何もできなくなっている自分に衝撃をけたとき以来だな・・


それにしても今回の心の凹みであらためて心=脳=魂=身体だと確信できた。


特に心は身体と切り離せないそして脳=心だ痛感した。


今回の心が凹みで後遺症の痺れがあまりにも酷く苦しかったことには驚いた。



痺れが酷いから心が凹んだのか、心が凹んだから痺れが酷くなったのか分からないけど

いずれにしても心の凹み=脳の後遺症の増幅=身体の硬直だった。


やっぱり心の凹みが先にあるかな・・

きっと妻も息子も旅行に行っちまったのが相当寂しかったのかもね。。

守るべき対象が居なくなって張り合いがなくなったのかも知れないな。

男って守るべき者がいない生きる張り合いがなくなるって本当だなって思った。

そういう意味では男って弱いもんだね

妻に先立たれると後を追うように逝ってしまう男ってよくあることだよね。

生きる張り合いがなくなるんだよね。

そういえばあの長門裕之さんも献身的に介護していた南田洋子さんがなくなったら

後を追うように亡くなっちゃったよな。。

僕もその口かも知れない

そのくせ近くに居るとムカムカして喧嘩ばっか。。


さっき凹んでいる心に活を入れるつもりで苦行のつもりで駅から自宅まで約1キロを歩いて帰ってきた。

健常者の頃は15分弱で歩けたけど、今は杖を突きながらヨロヨロと1時間近くかかる

さすがキツカかった。自宅に着く頃には左半身の痺れが最高潮に達して倒れる寸前かと思った。(^_^;)

気温も暖かったので汗びっしょり・・

そのおかげか凹んでいた気持ちがいつの間にかどこかに行ってしまったようだ。

苦行で気持ちが高揚するなんてマゾっ気があるのかな・・(・_・;)

自宅に着く頃にはいつの間にかギニアに行くことを考えていた(苦笑)


赤道ギニアの次はインド


インドには絶対日本の最新型風力発電装置を導入してやるぞ!なんてね。。

気持ちですべてが変わるなほんと・・


心=脳=魂=身体って感じ