苦しいけど怖いものはない

毎日、毎日朝から左半身中の痺れが激しく苦しいけれど、

歩くのもイヤになってくることもあるけれど、

一分一秒が不自由だらけ・・


好きだったスポーツもできず、昔に比べたら楽しみも激減して

生きているのがイヤになることもあるけれど、


それでもこんな身体で人の役に立てるなら、どんなに苦しくても何でもやる。

「人の役に立てる」・・

生きていてこれほど生きがいを感じるものはない。

だってこんな身体でアフリカの人たちの役に立てるなんて夢のようじゃないか

何よりも日本人冥利につ尽きる。

僕の知識が、人とのつながりが、役に立つのであれば役立てたい。

それで助かる人がいるのなら


昔のような「楽しみ」がなくても「人の役に立てる」感があればそれだけで充分だ。

死も怖くない。

だって生きていることの方が苦しいから

僕にとって生きることはとっても苦しいことだけど

怖いものはない。

なざなら死はもう怖くないから・・