無は苦しみからの永遠の解放

僕にとって、、

無は(障害者という)苦しみからの永遠の解放である。
周囲はきっと、僕が後遺症の片麻痺を受け入れ乗り越えたと思っているのだろう。その事は僕を見る目や僕にかける言葉からひしひしと感じる。
そんな事が分からない程僕は鈍感ではない。
そして半身麻痺などという人間としての当たり前の機能を喪失した現実をそんなに簡単な受け入れられる程甘いものではない。


だから、、


今でも無は僕にとって苦しみからの
永遠の解放である。

重要な事はいつ、どのように無に帰するか、、である

いつ、どのように、
どこで、誰にも迷惑をかけず、
そして、誰にも知られず

にである

そのときは近い

早く方法を考えなければならない。